乾燥肌?オイリー肌? – 水分と油分のお話し

日本の皆様、こんにちは。

よく、化粧水とクリームまたはオイル、どちらがいいの?という質問を受けます。実はちょっとびっくりした質問でもあるのです。なぜなら、どちらかしか使用していない方が意外と多いということ。

私はいつもPure RoseBotanical Gift。化粧水と美容オイルの組み合わせですが、夏場でベタつく時などは、裏技でオイルの代わりにタスマニア・ラベンダーのオーガニッククリームを顔と首につけています。そう、ハンド&ボディと販売していますが、実は顔に使えるレベルのクリームなのです。そのくらい贅沢なものをハンド&ボディとして扱っています。

話を戻すと、Pure Roseなど化粧水のみで保湿をされている方は、オイリー肌でとにかくベタつくというのであれば問題ありません。それはご自分の肌が油分を作り出せるから。逆に水分が十分にある肌ならば、美容オイルかクリームで油分を補うだけで保湿となります。

でもそんな肌タイプは滅多に出会いません。オイリー肌の私でさえ、夏でもPure Roseだけで十分という日はよほど湿度の高い数日。

化粧水とクリームまたはオイルは全く別の役割があります。化粧水は水分を補給、オイルやクリームは肌に吸い込まれた化粧水の水分に蓋して油分を補給。もちろんクリームですと多少の水分はありますが、主に油分と考えると分かりやすいと思います。

肌の保湿はこの水分と油分のバランスが大切で、どちらかが欠けると乾燥肌になったりキメが荒くなったり。。。

私はオイリー肌なので、以前はクリームやオイルを敬遠していました。ところが、一番心配していたオイルを使い始めたら、逆に皮脂分泌が抑えられて調子良くなりました。実は乾燥していたんだと発見。

また、化粧をする前に水分補給でPure Roseを多めにコットンパックしたら、化粧ノリももちも格段にアップ。夜まで化粧崩れ知らずでした。午後の肌水分が低くなってきた時に補ったのが良かったのだと思います。

以前メディア業界にいた時に、イベントなどで芸能人が現場に到着してメイクをする時、メイクさん達が真っ先にコットンパックで水分補給していたのを思い出して実行したのですが、このプロが行うひと手間が大きな結果になるんですね!

そんな実体験からの結論ですが、やはり保湿のポイントは水分と油分のバランス。乾燥するからと化粧水ばかり大量に使用して油分を補わなかったり、その逆であったり。どちらが欠けてもダメなのです。水分と油分を適切な量つけることで、肌は一番良い状態になってくれます。

これまでどうも肌の調子が良くないと思っていた方、もしくは化粧水かクリームまたはオイルのどちらかしか使用していない方、一度「水分と油分の両方を適量」を実践してみてください。目に見えて変化を感じたのであれば、それまで使用してこなかった方が不足していた可能性があります。

食べ物と同じで、栄養はバランスよく。水分と油分もバランスよく肌に補ってあげてくださいね。

今日も読んでくださって、ありがとうございました。

 

精油やアロマセラピーに関する質問はお気軽に、info@carnaaromatics.co.jpまでメールください。

facebook日本語のアカウントは、Carna aromatics – Japan
インスタグラム英語アカウントは、carna_aromatics
インスタグラム日本語アカウントは、carna.aromatics.japan
(英語はオーストラリアでの、日本語は日本でのキャンペーンなどをお知らせします)
インスタグラムやfacebookのキャンペーンなどもたまにしています。

*ブログで紹介するエッセンシャル・オイルの効果や効能は、プラクティショナー・レベルの高品質のオイルの場合に期待できるものであり、雑貨店などで販売されているオイルに同様の効果を約束するものではありません。
プロダクトの詳細は、こちらのページからどうぞ。(こちらはオーストラリアのサイトです。日本へは航空便でのお届けとなります。)
日本在住で国内発送をご希望の方は、こちらのページからどうぞ。

プロフィール
YUKIKO – クリニカル・アロマセラピスト。日本、ニュージーランド、オーストラリアで長年メディア業界で仕事をするが、長時間労働の中、自分の健康が一番大切と気づきナチュラル・セラピーを勉強する。科学的に証明された精油の作用をベースとして、個人の症状に合わせた治療目的のブレンド、芳香目的のブレンドなど、エッセンシャル・オイルのハーモニーを創り出すことが得意。Australasian College of Natural Therapiesでアロマセラピー・クリニック優秀賞を受賞して卒業。好きなことは、自然、動物、読書、ヘルシー・クッキング、ガーデニング、旅、ブラジリアン柔術(青帯)。Australian Traditional Medicine Society会員。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です