嗅覚、味覚をきちんと鍛える

日本の皆様、こんにちは。

Carna Aromatics のYukiです。

今年の初めに香りについてしっかり考える年にするというブログ「精油と五感の可能性 – 見直される嗅覚」を書きましたが、今日はそれに続くお話です。

現在進行している大きなプロジェクトの一つが最終段階に入って、このところミーティングの多い週が続きます。私はCarnaのプロダクトも送り出しているけれど、実はそれ以外にお客様から依頼されたブレンドをオリジナルで作成もしています。

そんな話を進めて無事に製造も終わり、今後に関するミーティング中に最近よく話をするのが、嗅覚の個人差です。もっと広げれば、嗅覚だけでなく味覚も含みます。

香りのきつい合成香料に慣れてしまうと、天然の精油の繊細さは感じられなくなります。しかし、合成香料の生活から離れてしばらくすると嗅覚は敏感になり、微かな花の香りや料理に使用されているソースの材料を香りから言い当てられるようになります。合成香料に囲まれた生活が長い方でも、ほとんどのケースでは改善するでしょう。

今回のクライアント様含め関係者の方々に精油やブレンドされたCarnaのプロダクトを試してもらうと、初回と比較してミーティングを重ねるたびに香りに敏感になっていくのが分かります。それは精油の香りに慣れてきたこともありますし、香りに対してきちんと向き合って、脳そのものが香りを重要なものと捉えるようになったこともあります。「今までなんとも思っていなかったけれど、香りがするとそれはどんな香りか考えるようになった」との声も。

味覚も同様でファストフードやジャンクフードに慣れてしまうと、残念ながら繊細な味を理解できません。しかし、そのような食べ物をやめて本当に美味しいものを知ってしまうと、再びファストフードに戻ろうとするともう匂いだけで食欲がなくなります。私は某ハンバーガー店から遠ざかって20年近くになりますが、店舗から香ってくる食べ物の匂いだけでもういい、と思ってしまうようになりました。道場から家までの中間地点にあるこの店、トレーニング後の空腹時でもまったく魅力なしです。逆に料理の味付けはこだわりが増えて、微調整で納得のいく味を作ることができるようになりました。味付けは精油のブレンドと同じです。子供の頃は、どんな調味料が入っているか質問してもすぐに答えを教えてもらえなかった環境でした。自分の味覚や嗅覚で言い当てなければいけないトレーニングを自然と積んでいたせいもあり、外で食べた味の再現はもちろん、それがアロマセラピーにも活かされる結果となったのです。

異なるフルーツを同時に口に入れて、全然違う味を楽しむのも好きです

それから、子供に添加物のない食生活をと頑張っている友人のお子さんは、久々にファストフード店に連れて行ったらまずいと何も口にしなかったとのこと。子供の頃から舌が肥えているとはこのようなことだと思います。

以上のことは誰もが当たり前に思う食育の大切さの一つですが、同様に香りに関してはそこまで重視されていないのが現状です。食育は実行しているけれど、合成香料が使用されたシャンプーを当たり前のように毎日使用する。これでは、味覚は鍛えられても嗅覚は悪化します。もっと言えば味覚と嗅覚は連携していますから、将来的に味覚にまで影響を及ぼす可能性もあるでしょう。

そう考えると、味覚も嗅覚も同じくらい大切と捉えること。例えば香りを嗅いで精油の名前を言えるなら最高ですが、そこまででなくても香りからイメージする色を挙げてみたり、景色を頭の中で描くというのもオススメです。
明日からちょっとだけこんなことを意識してみるのもいいかもしれませんね!

今日も読んでくださって、ありがとうございました。

 

精油やアロマセラピーに関する質問はお気軽に、info@carnaaromatics.co.jpまでメールください。

facebook日本語のアカウントは、Carna aromatics – Japan
インスタグラム英語アカウントは、carna_aromatics
インスタグラム日本語アカウントは、carna.aromatics.japan
(英語はオーストラリアでの、日本語は日本でのキャンペーンなどをお知らせします)
インスタグラムやfacebookのキャンペーンなどもたまにしています。

*ブログで紹介するエッセンシャル・オイルの効果や効能は、プラクティショナー・レベルの高品質のオイルの場合に期待できるものであり、雑貨店などで販売されているオイルに同様の効果を約束するものではありません。

 

プロフィール
YUKIKO – クリニカル・アロマセラピスト。日本、ニュージーランド、オーストラリアで長年メディア業界で仕事をするが、長時間労働の中、自分の健康が一番大切と気づきナチュラル・セラピーを勉強する。科学的に証明された精油の作用をベースとして、個人の症状に合わせた治療目的のブレンド、芳香目的のブレンドなど、エッセンシャル・オイルのハーモニーを創り出すことが得意。Australasian College of Natural Therapiesでアロマセラピー・クリニック優秀賞を受賞して卒業。好きなことは、自然、動物、読書、ヘルシー・クッキング、ガーデニング、旅、ブラジリアン柔術(青帯)。Australian Traditional Medicine Society会員。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です