原材料 A to Z

原材料       *認証オーガニック

 

アルガニアスピノサ核油* – Argania Spinosa(アルガン)油*
保湿、軟化、オレイン酸とリノール酸が豊富。特に日焼け後のダメージを受けた皮膚に良い。

アルニカ花エキス* – Arnica montana(アルニカ浸出)油*
ヒマワリ種子油で浸出。出血している傷口には使用しないでください。

トウキンセンカ花エキス* – Calendulaofficinalis(カレンデュラ浸出)油*
ヒマワリ種子油で浸出。日焼けなどの乾燥した皮膚状態に有効。

ヤシ油* – Cocosnucifera(ココナッツ)油*
エモリエント、保湿、軟化、保護特性に優れています。

死海の塩 ※日本販売製品には使用しておりません
肌を保湿してなめらかに保ちます。マグネシウム、カリウム、塩化カルシウムなどの必須ミネラルが豊富です。

硫酸Mg – エプソム塩
Carnaのプロダクトには、重金属によって汚染されていないプレミアム・グレードのエプソム塩が使用されています。必須ミネラルを豊富に含んでおります。

ヒマワリ種子油* – Helianthusannuus(ヒマワリ)種子油*
保湿、エモリエント作用と必須脂肪酸が高く、ミネラルやビタミンA、Eが多く含まれています。

ヒポファエラムノイデス果実エキス* – Hippophaerhamnoides(サジー)果実二酸化炭素抽出液*
天然のビタミンE、カロチン、必須脂肪酸を含み、皮膚を柔軟にします。

マカデミアナッツ油* – Macadamiaintegrifolia(マカダミア)ナッツ油*
人間の皮膚が自然に生成する皮脂に似ています。エモリエント、保湿作用があります。年齢を重ねるにつれて肌からの分泌が減少するパルミトレイン酸が高く保湿効果にすぐれています。

ナチュラル・ソルビライザー
水と精油を混ぜる目的で使用。以下の原材料で構成されています。
–カプリリル/カプリルグルコシド:糖ベースの植物由来界面活性剤。家庭排水しても素早く生物分解されます。
–ポリグリセリル-5オレイン酸:植物由来のオレイン酸およびグリセリンポリマー。人間の組織や尿にも存在します。PEGを含まない乳化剤および皮膚軟化剤で、多くのオーガニック・スキンケア製品に使用されています。
–ココイルグルタミン酸ナトリウム:ココナッツとブドウ糖(発酵砂糖)で作られた植物性界面活性剤。
–カプリル酸グリセリル:植物油ベースの天然増粘剤。
–クエン酸:食品およびナチュラル・スキンケア製品に使用される標準クエン酸。

ヤシ脂肪酸K – Potassiumcocoate(ココナッツオイルと水酸化カリウム)
オレイン酸K – Potassiumoleate(オリーブ油と水酸化カリウム)
サフラワー脂肪酸K – Potassiumsunflowerate(ヒマワリ油と水酸化カリウム)
アボカド油、水酸化K – Potassiumavocadoate(アボカド油と水酸化カリウム)
*伝統的な石鹸の製造方法で、植物オイルと水酸化カリウムが結びついて石鹸となります。完成プロダクトに水酸化カリウムは残留しておりません。

アーモンド油 – Prunusamygdalusdulcis(スイート・アーモンド)油
肌の保湿と軟化に優れ、オレイン酸、リノール酸、ビタミンA、Eが豊富。

アンズ核油* – Prunusarmeniaca(アプリコット核)油*
エモリエントと保湿作用に優れ、必須脂肪酸が豊富。肌のごわつきとひび割れを低減します。

精製オーストラリアン・レイン・ウォーター
水道水の代わりにオーストラリアのクイーンズランド州の田舎で貯めた雨水を精製したものを使用。肌にやさしい塩素フリー。

カニナバラ果実エキス* – Rosacanina(ローズヒップ)種子二酸化炭素抽出液*
リノール酸、αリノール酸、オレイン脂肪酸が豊富で、保湿力に優れています。日焼け後の乾燥対策にも適しています。

センチフォリアバラ花* – Rosacentifolia(ローズ・ド・メイ)乾燥ハーブ*
有機栽培されたローズ・ド・メイの乾燥花びら。蜂蜜のような甘い香りがほのかにします。花は香水によく使われます。

ダマスクバラ花水* – Rosadamascenamiller(ローズ・オットー)ハイドロソル*
ローズ精油を製造した後に残る副産物である通常のローズ・ハイドロソルとは異なり、Carnaが使用しているのはハイドロソルを作る目的で厳選されたバラを使用して蒸溜された特別なもの。だから品質が違います。天然のバラの香りで、肌を柔らかくします。

ホホバ種子油* – Simmondsiachinensis(ホホバ)油*
オイルと言われるが、実は安定性のある液体ワックス。ビタミンが豊富で、エモリエント、保湿作用があり、皮脂に似ていてすぐに吸収されるという特徴があります。また肌を保護してしなやかでなめらかな肌にする作用に優れています。

カカオ脂* – Theobromacacao(ココア)バター*
カカオ種子から採取されるバター。ビタミンEが高く、持続する皮膚保護作用に優れたエモリエントです。

トコフェロール(天然ビタミンE;トコフェロールとヒマワリ種子油)
オイルを酸化から保護します。乾燥して荒れた肌を落ち着け、年齢に応じた肌ケアに役立ちます。

植物性グリセリン*
オーガニックの保湿剤。エモリエントと保湿作用があり、肌の自然な水分バランスを整えます。

ゼオライト
オーストラリア産のゼオライト。カルシウム、カリウム、鉄分が豊富です。

※日本の薬機法に抵触の恐れのある表現は割愛しております。成分や商品について詳しく知りたい方はお気軽にお問い合わせください。

 

精油                *認証オーガニック

 

アゴニスフラグランス枝/葉油 – Agonisfragrans(フラゴニアTM)精油
オーストラリア原産。葉と小枝から水蒸気蒸留。フレッシュなハーバル調に甘さが加わった香り。

バクホウシアシトリオドラ葉油* – Backhousiacitriodora(レモン・マートル)精油*
オーストラリア原産。葉から水蒸気蒸留。甘いレモンのような柑橘系の香り。

ニュウコウジュ油 – Boswelliacarterii(フランキンセンス)精油
樹脂から水蒸気蒸留。暖かみのあるウッディーでややスパイシーな香り。

イランイラン花油* – Canangaodorata(イランイラン)精油*
花からの分別水蒸気蒸留。エキゾチックで甘い花の香り。多用や高濃度での使用は頭痛や吐き気の原因となることがあるので要注意。

アトラスシーダー木油* – Cedrusatlantica(シダーウッド・アトラス)精油*
木部から水蒸気蒸留。カンファーの利いたウッディ調のノート。

ローマカミツレ花油* – Chamaemelumnobile(カモマイル・ローマン)精油*
花から水蒸気蒸留。ハーブ調で甘く、ややリンゴのような香り。

ビターオレンジ花油 – Citrusaurantiumvar.amara(ネロリ)精油
花から水蒸気蒸留。優しい甘い花の香り。

プチグレン油* – Citrusaurantiumvar.amara(プチグレイン)精油*
葉から水蒸気蒸留。マイルドな柑橘系とグリーン調の香り。

ベルガモット果皮油 – Citrusbergamia(ベルガモット)精油
果皮から圧搾。アールグレイ茶にも使用されている、爽やかなグリーン調の柑橘系の香り。

レモン油 – Citruslimon(レモン)精油
果皮から圧搾。フレッシュなレモンのアロマ。

グレープフルーツ果皮油 – Citrusxparadisi(グレープフルーツ・ピンク/ホワイト)精油
果皮から圧搾。フレッシュで甘い柑橘系の香り。大量に使用した場合、光毒性があります。

マンダリンオレンジ果皮油 – Citrusreticulata(タンジェリン)精油
果皮から圧搾。フレッシュで甘い柑橘系の香り。妊娠中も使用できる安全な精油。

オレンジ果皮油* – Citrussinensis(オレンジ・スイート)精油*
果皮から圧搾。元気にリフレッシュできる柑橘系の香り。お子様と高齢者にも優しい安心して使用できます。

イタリアイトスギ葉油 – Cupressussempervirens(サイプレス)精油
葉と小枝から水蒸気蒸留。甘いウッディー調の香り。

インドレモングラス油* – Cymbopogonflexuosus(レモングラス)精油*
葉と茎から水蒸気蒸留。強くて甘い、レモンのような香り。

パルマローザ油* – Cymbopogonmartini(パルマローザ)精油*
葉と茎から水蒸気蒸留。甘いバラと青草のような香り。

コウスイガヤ油* – Cymbopogonnardus(シトロネラ)精油*
葉から水蒸気蒸留。甘くフレッシュな、レモンとウッディーが混ざった香り。

ニンジン種子油 – Daucuscarota(人参)種子精油
種子から水蒸気蒸留。大地を連想させるハーブ調のアロマ。

ショウズク種子油 – Elettariacardamomum(カルダモン)精油
種子から水蒸気蒸留。爽やかさの中に甘さと温かみが加わったスパイシーな香り。

ユーカリプツスジベス葉/枝油* – Eucalyptusdives(ペパーミント・ユーカリプタス)精油*
葉から水蒸気蒸留。優しく甘い、ミント調の香り。

ユーカリ葉油* – Eucalyptusglobulus(ユーカリプタス・グロブルス)精油*
葉から水蒸気蒸留。甘く、爽やかなユーカリの香り。

ユーカリプツスラジアタ葉/茎油* – Eucalyptusradiata(ユーカリプタス・ラディアータ)精油*
葉から水蒸気蒸留。フレッシュなカンファー調の香り。

マツリカ花エキス – JasmineSambac(ジャスミン・サンバック)精油
花から溶剤抽出。別名アラビアン・ジャスミンとも呼ばれ、通常のジャスミンよりもエキゾチックな香り。

セイヨウネズ果実油* – Juniperuscommunis(ジュニパー)精油*
果実から水蒸気蒸留。ほのかに甘いウッディー、バルサム調の香り。

クンゼアアンビグア枝/葉/小枝油 – Kunzeaambigua(クンゼア)精油
オーストラリア原産。葉から水蒸気蒸留。甘いハーバル調の香り。

ラベンダー油 – Lavandulaangustifolia(真生ラベンダー)精油
花から水蒸気蒸留。甘いフローラル調の香り。万能な精油として”エッセンシャル・オイルの母”と呼ばれ、幅広い目的で使用されています。どんな肌タイプにも適しており、お子様や高齢者へのトリートメントにも活用されます。

スパイクラベンダー油* – Lavandulalatifolia(ラベンダー・スパイク)精油*
花から水蒸気蒸留。真生ラベンダーにカンファーが少し利いた香り。

ティーツリー油* – Melaleucaalternifolia(ティーツリー)精油*
葉と小枝から水蒸気蒸留。ハーバル・グリーン調で薬草のような香り。

カユプテ油 – Melaleucacajeputi(カジュプテ)精油
葉から水蒸気蒸留。フレッシュなカンファー調の香り。

メラレウカエリシホリア葉油 – Melaleucaericifolia(ロザリナ)精油
オーストラリア原産。葉と小枝から水蒸気蒸溜。甘くフルーティーで、シネオールが豊富な香り。

セイヨウハッカ油* – Menthapiperita(ペパーミント)精油*
花と葉から水蒸気蒸溜。非常に爽やかなミントの香り。少量で冷却効果、多量で温めと作用が異なります。

ナルドスタチスジャタマンシ根茎/根エキス – Nardostachysjatamansi(スパイクナード)精油
根と地下茎から水蒸気蒸留。”キリストの精油”としても知られている通り、キリストが十字架にかけられる前夜の最後の晩餐で足元に使用されたという歴史あるオイル。

メボウキ油 – Ocimumbasilicum(バジル・スイートCTリナロール)精油
花と葉から水蒸気蒸溜。甘さのあるバジルの香り。

マヨラナ葉油 – Origanummarjorana(マージョラム・スイート)精油
葉から水蒸気蒸留。甘みのあるハーバル調の香り。

ハナハッカ油 – Origanumvulgare(オレガノ)精油
花と葉から水蒸気蒸溜。料理に使用するオレガノの葉と似た香り。

ニオイテンジクアオイ葉油* – Pelargoniumgraveolens(ゼラニウム)精油*
葉から水蒸気蒸留。バラとグリーン調が混ざった、フレッシュなアロマ。

コショウ果実油 – Pipernigrum(黒胡椒)精油
乾燥した果実から水蒸気蒸留。ドライでウッディー、スパイシーな香り。

パチョリ葉油* – Pogostemoncablin(パチュリ)精油*
葉から水蒸気蒸留。土っぽいハーバル調の香り。

ダマスクバラ花油 – Rosadamascena(ダマスク・ローズ)アブソリュート
花から溶剤抽出。女性的で、典型的な甘いバラの香り。

ローズマリー油 – Rosmarinusofficinalis(ローズマリーCTカンファー)精油
花と葉から水蒸気蒸溜。グリーンなカンファー調の香り。このケモタイプは、乳幼児と妊娠中の皮膚への塗布はお控えください。

オニサルビア油* – Salviasclarea(クラリセージ)精油*
花から水蒸気蒸溜。甘いハーバル調の香り。

ビャクダン油 – Santalumspicatum(サンダルウッド・オーストラリアン)精油
芯材と根から水蒸気蒸留。フレッシュでウッディーな香り。絶滅の危機に瀕しているインド産のサンダルウッドの成分と化学的に似ており、優れた代替オイルとして注目されています。

ベチベル根油* – Vetiveriazizanoides(ヴェチバー)精油*
根から水蒸気蒸留。ウッディーでほのかにコーヒーが香る大地のアロマ。

ショウガ根油 – Zingiberofficinale(ショウガ)精油
地下茎から水蒸気蒸留。温かくスパイシーなショウガの香り。

※日本の薬機法に抵触の恐れのある表現は割愛しております。成分や商品について詳しく知りたい方はお気軽にお問い合わせください。

文献;
Mitchell, M. (2011). The Aromatic Practitioners Reference.
Battaglia, S. (2003). The Complete Guide to Aromatherapy (2nd ed.). ICHA.